スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

峠・グルメ・観光・登山盛り沢山ツー

今季2回目の定例ツーですが「なぜか長瀞」という演歌みたいな疑問が浮かぶくらいこの時期なぜか秩父に行きます(*。*?昨年から高速を使ったツーが続いたので山の中を走りたかったしメンバーの美味しい蕎麦が食いたいと何気に漏らした言葉が印象に残りルート決定!タイトルどおり距離は短いが盛り沢山のツーとなりました(^v^)
今年の桜は遅めだったので葉桜どころかほぼ満開のタイミングで行けたのもラッキーでした。某蕎麦の名店の開店に合わせて珍しく遅めの集合です。AM8:00におなじみの嵐山PAに集合。早朝渋滞を覚悟していたのですが予想よりも流れはスムーズでいつもより余裕だなとPAに到着すると真面目な当クラブメンバーはすでに到着し不真面目な幹事はドンケツ。今回もフタを開ければお見送りを入れてオヤジ10台(一部若者含)が揃いました。今回はゲストさん(89NSR)を向かえ104・か2・クロ・4様・raja・たかし・かんた・たすき・サポ(4様除き敬称略)の10台が揃いましたCIMG2302_convert_20120422225414.jpg
但し名前は伏せておきますが雨男が紛れ込んでいる今回のツーは前日遅くまで雨だったので急遽ルート変更、湧水などで路面コンディションが期待できない定峰峠はpassして長瀞を目指すことになりました。相変わらずか2さんはメロンパンもしゃもしゃ。外がカリカリ、中がしっとり。中年の憧れメロンパーン。さあ行くぞ。
CIMG2303_convert_20120422224909.jpg
とりあえず行きましょうかと慣れたルートでリラックス状態の出発風景です。今回は短距離なのでみなさん余裕っす。当クラブ伝統の新人放置プレイ、ではなく今回のゲストさん(88NSR)は飛び散るオイルのため最後尾を自ら買って出ます。ペェイィィ~~ンパイィィ~~ンと暖機のアクセルワークに懐かしの白煙&飛び散るオイル。昔GSX400Fに乗っていた頃はバイクの3割くらいは2ストだったような、、、。RG500γほしいなぁ(ε)~おおとそうだ、タスキさんのバイクに改造がほどこされサイドカバーの車名が立体になっていました。さりげない改造?ですが印象は大きく変わりますな。でも値段を聞いてビックリです。大人のオモチャは(代償が)高いです。
DSC03186_convert_20120620225947.jpg
あぁっあという間に長瀞到着です。
おおっと今年は桜が残っていてまだまだ見頃(^^)本当は停まって写真を撮るべきなんだろうけど舞い落ちる花びらロードはまるで映画のワンシーン、走行中に撮った写真に良いものが無く満開具合と感動が伝わらないのが残念です。他のバイククラブはちゃんと停車して記念撮影をしているというのにこの大雑把さがLGですね(笑)
DSC03192_convert_20120620230012.jpg
秩父のミューズパークを通過し札所般若法性寺に到着です。ミューズパーク近辺は再度走りに来たいと思わせる面白いコースですね。道路はずうっと手前から札所めぐりの大量の信者?が列をなして歩いていて爆音響かせる一団は完全アウェイです。         でも気にしません(^▽^)⊥
手前に十分な広さの無料駐車場がありましたが山門までくると地元の方々が「ここでいいよ」とこれ以上無いというくらい目の前を許可してただきました。なにかのお祭りか地元のみなさんも繰り出していてどこからか花火も上がっていました。山門をくぐると参拝料?300円を奉納しまずはお参り。参道にそって奥へ進みます。少し奥に削れた岩場にほこらがあって(写真館参照)2回目のお賽銭を投入。このほこらがかなり高さがありおまけに通路に手すりやフェンスの類が無くかなりの危険度。けっして小学生の見学は行われないでしょう。
DSC03194_convert_20120620230040.jpg
参拝を終えるとさらに奥へ向かって矢印←があって吊られて向かうと巨大な一枚岩があり見ごたえ十分。岩の切れ目をくぐるとさらに矢印←が!なぜか山に向かって矢印←が!!おまけに矢・・・キリがありません。導かれるままに進むとこんな感じの山道が続くかと思うと沢登りアリ、ロッククライミングありと山あり山あり。前日の雨もあり足場はかなり悪い。ひいひい言いながら登っていくと80歳と70歳の兄弟が降りてくる。ということは高齢者でも登れんだと気を持ち直す。画像が無いのは写真を撮っている余裕が無いのだ。わずかな写真は写真館をご覧下さい。
DSC01769_convert_20120620230146.jpg
頂上だ、と喜びながら間違いに気づくこと3回。そのたびに脱落者を出しながらなんとか頂上制覇です。ここは行った人にしかわからないデンジャラスゾーン、年間数名の滑落者をだしていても不思議では無いくらい自己責任の世界です。幅数メートルの山頂の両脇は100m近い絶壁のうえ申し訳程度にある貧弱な手すりもぐらぐらです((((°△°))))タスキさんとゲストさんはくさりをつかんで登り始めたとたんに棄権を表明しかんたさんにいたってはその前の時点で丁重に辞退していました。所々にあるえぐれた岩場には羅漢像が置かれ頂上に行くには傾斜45度以上の岩をくさりで登り到達した頂上は囲いの無い二畳ほどの広さしかありません。向きを帰るのも命がけです。そこでニコニコしてるのはrajaさんと私だけ。バ○は高い所が好き?
DSC03199_convert_20120620230106.jpg
離れたところにも観音様が立っておりますがここも笑っちゃうくらいデンジャラス。観音様の向こう側は立入自由の崖でした。クロさんも結構デンジャラスを楽しんでくれたようです。でも結構お賽銭使ったなぁ。
DSC03204_convert_20120620230214.jpg
この辺になってくると田んぼのカエルよろしくあちこちから「腹減った」コールの大合唱(`´)
美味しい蕎麦屋があるんだけど、、、「うどん食いたい!」とバッサリ。幹事の労作のルートもへっちゃらでショートカット(TT)・・でも・・いいです。芦ヶ久保果樹園のうどん大好きですから。写真奥が芦ヶ久保道の駅。その右手奥にうどんやさんがあります。食った後はほら、みんな元気でしょ
DSC03205_convert_20120620230238.jpg
上名栗をヘイヘイヘイと飛ばしていきます。途中か2さんとバイクをスイッチ、R-1君絶好調! あれ?絶好調なのかな? いやおかしいぞ。後でわかりましたがアクセルワイヤーの戻しが切れていたのです。この写真の手前で車とバイクの衝突事故を目撃しさらにテンションダウンしてます。
DSC03206_convert_20120620225912.jpg
最後の休憩場所で一服。R-1君のワイヤー修理を試みるも修理不可能で騙し騙し帰ることになりました。不可抗力ではありますが人のバイクのワイヤー切った報いがふりかかり後日山中で自分のクラッチワイヤーが切れるというオチがつきました。今回のアドベンチャーツーは観光嫌いにも楽しんでいただけたようで良かったです。できればイノッチに見せたかったです。

本日の走行距離 入間から270km
スポンサーサイト
プロフィール

sapo2010

Author:sapo2010
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。