スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや開幕戦延期

延期の延期、4/24も悪天候のため開幕戦が出来ません。気を取り直して期待したGW中のラウンド2もピンポイントの降水確率80%。
思わず前日にメールとラインで「明日暇な人いる?」と緊急告知。ひっかかたのは・・いやいや急なお誘いのなか、か2さんとケロさんが参加してくれました。ルートは延期となった富士山漫遊の旅。最高の天気と久々のツーが重なりテンションMAXです。
集合は満身創痍のか2さんを考慮しいつもより1時間遅いAM8:00談合坂SAです。おかげで朝の犬の散歩に行けたので奥方の機嫌も上々です。
2016.5.1(日)圏央道入間ICからINすると早速料金所に高速機動隊の面々が控えております。ツーの前途に嫌な予感がしましたがこれも自戒を求める神のお告げとポジティブにとらえアクセルON!(笑)
DSC07278_convert_20160503091127.jpg
八王子jctの合流地点はお約束の渋滞ですがほどなく談合坂SAに7:40頃到着です。駐輪場の一番手前にケロさんが待っていてくれました。でも中はバイクでいっぱい!なんとか空いているスペースに止めてか2さんを待つ間、ケロさんと腹ごしらえにSA内に向かうと喫煙所に赤いツナギを着たか2さんが涼しい顔してご一服しておりました(-。-)y-゜゜゜
だろう運転と遅れてくるだろうは禁物です。その後ルート確認という長ーいミーティングをします。しかしケロさんは気温が低いのにTシャツにサマージャケット、か2さんは皮ツナギにショートのライディングブーツ、私は太ってパンパンになったジャケットと相変わらず統一感の無いバラエティ豊かな面々となりました。
気が付くと周りのバイクも少なくなり出遅れ感満載です。でも・・・
我々は光速で移動が出来るのです。ハハハハハ
今回はマンネリ打破で河口湖ICを出て河口湖に向かいます。河口湖大橋を渡り湖畔沿いの湖北ヴューラインを走ります。いや〰本当に良い道ですね。好天もあって湖と富士山の綺麗なこと。車も少なく快適なクルージングが堪能できまた走りたいと思わせるコースでした。アットいう間に(笑)最初の目的地、西湖いやしの里根場に到着しました。
DSC07292_convert_20160503092053.jpg
と思ったら駐車場は広いが目指すかやぶき屋根が見当たらないΣ(゚Д゚) マジ不安になり周りを見渡すとあった、あった。まさにふもとにたたずむ古民家群がありました。早速入り口でトラブル発生!世話人が350円→300円のネット割引のクーポン券を忘れたのです。50過ぎの親父達が20代とおぼしき娘たちに一斉に「忘れた、まけろ」の大合唱。もちろん娘たちは苦笑いの中プライスダウンをしてくれました。3人の親父は大満足です。場内は再現された古民家によって味のある空間が作られています。
散策していると途中で武士装束の一団と遭遇します。お店の人かな?と近づくと顔と言語が違うぞ。アジア圏の観光客だと思われますが貸衣装を利用して記念撮影に興じていたのです。刀を振り回すほどノリノリでしたが私たちが写真を撮ろうと近づくとサっとうつむくなどシャイな一面をのぞかせます。でも長時間着用していたのか店番の人に「あまり遠くに行くな」と日本語で注意されておりました。
入口の池には「鯉か!?」と驚くほどデカいニジマス?もいますので一度見てください。
見学も終えてさあ次の観光ポイントへ。とバイクに戻るとケロさんがアセアセ(;´・ω・)します。ご存知の方も多いと思いますがケロさんのマシンは電子器具が満載で接続し出発するのに少々時間が必要なのです。二人のまだか?という熱い視線を浴びながら準備OK、出発だー  と思ったら数分で次の西湖コウモリ穴に到着しました。ケロさんは泣く泣く接続を外します(爆笑)
入場券を買おうとしたら入り口で「JAF割引あります」の表示。ケロさんがJAF会員証を持っていたので全員が割引を受けられました。金額は300円→270円    び、微妙だ。30円割引でここまで50円+30円×3=総額240円の節約ができましたパチパチパチ👏
入口でヘルメットを渡されます。なんでも穴内は大変狭くヘルメットを被らないと危険だそうです<<<(;´Д`)>>>ガクガクブルブル
プラスティックのヘルメットを被り穴の入り口に向かいますがこれが結構長いのね。歩き疲れた親父達は入り口に到達する前にぜえぜえ言いながら意気消沈です。
DSC07302_convert_20160503092117.jpg
中に入るとよくある鍾乳洞かなと思ったら奥に行くにつれ天井が下がってくる。中腰だったのがアヒル歩きになりヘルメットが天井の岩にガツガツ当たる。暗闇なので所々ある突起物などはいきなりガツンときて危険だ。もちろんこの時点でか2さんは行方不明。そういえば途中に短縮コースの看板があったな・・・。入り口では身長1m未満ならヘルメットは不要と説明していたが50cmの間違いだろう。何よりも文句を言いたいのはコウモリを謳っていながら昼間はコウモリは別のところで眠っていて夜は営業していない。・・・見れないじゃん!・・・
まあプチアドベンチャーとプチ富士の樹海を体験できるから勘弁してやるか(-_-メ)。

ーーーー只今ケロさんが出発の準備をしていますのでしばらくお待ちください♪ーーーーー

次は精進の大杉に向かいます。そしたらナビが最初のポイント通過を認識しておらずいやしの里に戻ってしまった・・・まあいいか。139号線に出ると芝桜の大渋滞が発生中。でも3台なのですり抜け&反対車線のオンパレードですいすいすい。だけど問題発生。杉が見つからない。どう検索してもナビに大杉は表示されているのにそこに行く道路が無いのだ!
もともと観光に関心の無い今回のメンバー、「いいよね、別に」と意見が一致し軽くパス決定。本来富士山一周だったが72号線も渋滞表示が出ています。
なぜか今日は朝からか2さんは「道志みち走りたい、どうしみち、ど・う・し・みちィ〰」と道志みちに異様な執着心を見せていましたがすり抜けに懲りたのかあっさりコース変更同意。河口湖ICから大月で降りて松姫峠の139号線を選択。これが思いのほか大当たり。河口湖ICまでは渋滞していましたが乗ってしまえばこちらのもの。大月ICで降りて昼食場所を探します。
DSC07308_convert_20160503092157.jpg

「大月駅にいけばなんかあるんじゃね」と大月駅に到着するも愕然とします。駅前がさっぱりしてます。そのとき無料観光案内所の看板を私は見落としません。いろいろ教えていただき無事昼食(名物おつきだんご汁)にありつけました。か2さんとケロさんはメニューを読み間違えて団子ではなくうどんをオーダーしてしまいましたが食べてみると「おっ美味い」「見た目と全然違う」と絶賛していました。う〰む、侮りがたし大月うどん。ここでもか2さんの男気全開!「お姉ちゃん(おばさんだけど)ノンアルビールある?」と我々にノンアルコールを振る舞ってくれました。兄貴御馳走様でした。

ーーーー只今ケロさんが出発の準備をしていますのでしばらくお待ちください♪ーーーーー

AM13:00、出発。走り出してすぐ松姫峠へ向かいます。過去の記憶だと修行道的なクネクネ道でしたが行ってビックリ!なっがーいトンネルが開通していたのね。道中ところどころセンターラインは無いものの快適な道で修行道的な部分はトンネルでカットできるんですね。頂上で大月市を振り返る展望を見れないのは残念ですが抜け道としての価値は大きいと思います。こちらもまた走りたい道路認定です。
DSC07307_convert_20160503092135.jpg
やがて奥多摩に抜けあとはいつものコースで帰宅します。最後のコンビニでまたまたながーいミーティング、中身は無いけどね(笑)
お疲れ様でした。やっぱりみんなで行くのは楽しいね(゚∀゚)

今回は入間市から260km
スポンサーサイト

ベリィショートツー

4月の定例ツーの予定日になると前週までの好天が嘘のように雨の日曜日となって中止。しかしあきらめきれず順延すること2回。やっとこの日を迎えることができました。メンバーも予定をやりくりするも延期の延期で都合がつかず×の連続(;;)やっとの開催なのに「もはや中止か!?」とあきらめかけた時、常連のかんたさんの「行けまっせー」(^^)ok rajaさんもお酒を我慢しアッキーさんも仕事をやっつけクロさんもドタ参で5人あつまればもんじゅの知恵・・あれ?まっいいかといつもの遠足前の小学生状態で朝を迎えました。今回は近場なので遅めのAM8:00集合。それでもお昼のソースかつ丼の名店まで時間は余裕ありありです。前回はヤフドラの所要時間の半分で到着してしまい(なぜだ?)開店前でご飯も炊けておらずやさしい店主に「ごめんね」と断られた反省を生かした設定です。rajaさんには悪いけど観光も数多く盛り込んでいますぜイ(笑)
なのに・・・なぜか・・・・このあとは音声だけで、、いやいや私は参戦できませんでしたのでレポートができません(号泣)
暇な方だけお読みください・・・・・
DSC03999_convert_20130428105301.jpg
(レッカー到着まで暇なので写真なんぞ撮ってみる)
高速道路でエンコする貴重な経験をいたしました。狭山日高ICから圏央道に乗ると高坂SAまで渋滞の表示が出ています。「ふっ わけないぜ。」と分岐後の大きな右Rを抜け本線に合流。
ガバッ!とアクセル全開!さあ行くんだKZ君!!ー     バッ  ツン(∵:)・・・・
なっなんだ今の音は? 「ああ破滅の音が聞こえた・・」大リーグボール3号で最後の投球を終えた星飛馬の左腕のように右手のアクセルに重みがありません。グリップを回してもスッカスカでアクセルワイヤーが切れてしまったようです。幸いだったのは合流車線だったこと、家から近いことでした。逆を言えば高速に入る前に切れてほしかった。
任意保険の無料ロードアシストに引き取りを依頼しメンバーに連絡をしているとクロさんから✉家を出て走ってたらバッテリー上がりでJAFを呼んでいるので待っててね✉とメールあり。状況を返信すると✉後ろに乗ってく?✉とマジ返信
( ゚Д゚)さすがにお断りしかんたさんに引率をお願いしツーは終了です。
DSC04004_convert_20130428110256.jpg
でも無料ロードサービスは親切ですね。「危ないのでガードレールの外、できるだけ離れていてください。道路公団にも連絡しておきます」とやさしいお言葉。そしたら道路公団から携帯に着信。「バイクだけ放置されると警察に通報がいきますのでそばに居てください。」とのこと。身の危険は二の次です。迅速に対応してくれて渋滞の中1時間半程度でレッカー到着。レッカーのお兄ちゃんは手際よく搭載完了。お兄さんも親切だが人を乗せる営業車では無いので次の高速出口までしか送れないそうです。高速道路脇の土手を下ると3m位の高さの下に一般道があります。家から10分くらいのところなのでここから帰りますと告げました。「助かります」ニコッと笑ってお兄さんは消えました。土手を下り道沿いの標識を見つけそれにつかまりながら一般道へ下りて帰宅となりました。奥方に連絡するといつもは「何時に帰ってくるの?」と毎回聞かれるのに今日はBIGBANのコンサートに行くので「もう帰ってきたの!」と迷惑がられました。

今日の走行距離 自宅から6km

2013開幕戦スタート!

さあいよいよ2013シーズン開幕です。最終戦から早3ヶ月。寒さと塩カルに負けコタツでバイク雑誌を読み漁る日々を過ごしてきた我ら(お前だけだ!)にとって指折り数えて待った日を向かえたのです。桜の開花記録を塗り替えるくらい暖かい日が続き「メッシュでもイケるんちゃうかな」なんてことも考えてしまうぐらいです。・・・しかし毎年たたられる開幕戦のジンクスは今年も生きておりました。近づくにつれ高まる降水確率!下がる気温!土曜と月曜は好天初夏の気温なのに日曜は降水確率60%と最高気温11℃と谷間のどん底です。なんでやねん∑(・△・∥
開催と延期にゆれるなか中止90%で向かえた前日yahoo天気の予報にかすかな希望を託し決行です。「野郎ども、カッパ持って来い!」と心で叫び「みなさん、なんか大丈夫みたいですよ~責任は取れりませんけど、、」みたいな熱い?心意気に応えた戦士、もしくは犠牲者が6人集まりました。最後まで仕事を調整し参戦目指してくれたメンバーに感謝します。あなた達の成就できない思いも連れていきますからね\(^^)/
DSC03973_convert_20130325221842.jpg
集合所である相模湖東ICに7時半集合です。タカシさん、かんたさんの常連組みのほか久々に4様が、愛車をドナドナしたかずさんもギリギリ納車で参戦です。山ちゃんも最終戦から引き続きのエントリーです。もうメンバーになっちゃおうね。15分前に到着するとすでに全員集合。6台揃ったとたんにJHの方に危ないから撤収してくださいとご注意をいただいてしまいました。お仕事大変ですねとコース説明もそこそこに切り上げたのにその後バイク談義をだらだらとしてしまいました(要反省)とりあえずヤビツ峠を目指し出発します。車もほとんどおらず快調に走ります。やがてヤビツ峠の看板が出てきて峠道に進入。山の中に向かうコースに胸がわくわくしてきます。がところがドッコイ、地図上のコースを見る限り最高のルートは安全運転の基本を学ぶ場所でありました(;;)
DSC03979_convert_20130325221915.jpg
2車線の先のカーブで急に1車線になったかと思うと道路上には大量の濡れ落ち葉と小砂利の山。正しい乗車姿勢とブレーキング、見通しの悪いカーブの曲がり方を学ぶこととなりました。クラブ史上、三大ガッカリ峠の一つとさせていただきます(怒り新党風に)。ただし彼(ヤビツ峠)の名誉のためにも夏に走ると木漏れ日のなか気持ちの良い最高のルートに感じるだろうと付け加えておきます。終点はまだか、とメンバーの心の声を背中に感じ休憩地の菜の花台に到着です。ここは秦野市を一望できる展望台で夜景が素晴らしく地元カップルの定番デートコースらしいです。でも野郎同士のうえ昼間なのでロマンティックな空間を実感することはありません。「おお、あんなところに展望台がある。登らなければ・・」誘蛾灯に吸い寄せられる虫のようにお約束の高いところを目指します。木造でこの高さはなかなかのもの、歩くとギシギシいうのもご愛嬌です。
DSC03975_convert_20130325221936.jpg
後ろの秦野市が見えますか?確かに夜景は綺麗かもしれません。木造の展望台のぬくもりもgoodです。ただし街灯も無く道幅が狭いのでなれない人が夜に車で来るのはお勧めできませんね。途中気温もコースも寒かったですが徐々に気温も上がり気持ちも開花宣言?ここでしばしバンディット鑑賞会がおこなわれました。「なんで1250?」「スクリーン動く?」「CBいくらで売れた?」失礼な質問が次々とあびせられます。
DSC03982_convert_20130325221956.jpg
ここらあたりでメンバーからお約束の「腹減った」コールがおこりました。よしよし、桜えび食べに行きますよー。峠を下り秦野市を通過。街中の渋滞も無く順調に秦野中野インターチェンジを目指して走ります。インター手前で給油。しかし最近のツーで困るのがGS探しです。法律改正で個人経営の廃業が増えているとは聞いていましたが小規模のGSが減ったので市街地ではドキドキものです。昔なら町のあるべきところにはGSがあったんですけどねぇ。これからはガスは入れられるときに入れておこう!です。東名に乗りました。「さあみなの者、おいき」go(≧∀≦)b
DSC03987_convert_20130325222018.jpg
東名はスッカスカで走りやすかった。思いのほかカーブも多くRの数字が看板表示されていました。でもその数字の意味がわからんのでキツさがわからん(大滝秀治風でお願いします)。高速は60km程度なのであっという間に富士ICに到着です。しかし飛ばしますね~。130kmで走る私をTさんとKさんが追い抜いていくときだけ後ろから風が吹きます。マジで。無風、暖かい、空いている、いいぞーツーリング(^^)でもお約束のアクシデント発生①
DSC03991_convert_20130325222039.jpg
無事富士川SA到着、うん?富士川?そうです。みなさんのご期待通り迷子発生!それも初犯じゃありません。集合場所の富士ICにつくとTさんとKさんがいない。えっまさか・・・と思っているとKさんが遅れて到着。途中トイレにいったとのこと。あれ?Tさんは?恐る恐る電話すると「よほ~い、今SAで串焼き食べてるとこ」「そこで正座して待っててください」   ・・・幹事からのお願い:ウフフ。みなさーん、出発前にお配りした予定ルート見てくれてますぅ?こ・と・ば・でも説明しましたよねー 先生のスカートとか胸元ばかり見てないでおハナシ聞いていないとダ・メ・だ・ゾォ しかし富士山が綺麗だったので無罪確定!mc(`´) 
DSC03992_convert_20130325222105.jpg
スマートETCから降りて間もなく昼食場所の井筒屋に到着。事前にネットで混雑事情をチェックしていたので早めの到着で4番の番号札GET。開店待ちしている間にも続々お客が来ました。桜えびのかき揚が美味しいということで由比定食を注文。他にもかき揚天丼や天ぷらそばを注文する人もいますが全品桜えびかき揚が付いています。写真時計回りに桜えびかき揚・タンゴール・桜えびの甘露あえ?・天つゆ・蛤のおすまし桜えび入り・香の物・桜えびごはんと桜えびづくしで素直においしゅうございました。特に桜えびが太くふかふかでした。
DSC03995_convert_20130325222127.jpg
お腹を満たし(満たされない者が1名)お店の前でパチリ。店ののれんをバックに撮りたかったのですがご覧のとおり車でふさがってます。さあお楽しみ、富士山スカイラインに行きましょう。富士宮市を抜けましたがこの県道が意外に面白いコースで得した気分になりました。スカイライン手前で給油予定ですがやはりGSはなかなか見えてきません。このまま山岳ルートに突入してしまうのか。三峰神社の時のガス欠恐怖をまた味わってしまうのか(;;)
DSC03996_convert_20130325222147.jpg
無事GS発見。しかし愛車が無事ではありませんでした。アクシデント②「もう食べられな~い」と言ったかどうかはわかりませんがNSR君がカウルの下からガソリンをこぼしています。でもサスガ旧車乗りの山ちゃん。テキパキとバラしてテキパキと組み上げる様は只者ではありません。全員揃ってツーを再開します。しかし富士宮側から入るスカイラインは楽しいですねv(´`)v みなさん各々マイペースで堪能しました。アクシデント③KZ君転倒寸前!サイドスタンドが不十分で誰も乗っていないKZ君が一人で進み始めました。アワワワ・ダメだと思った瞬間、奇跡がおこりました。ガードレールがグラグラなプラスティックで出来ていたので寄りかかったKZ君はほとんど無傷だったのでした。めでたしめでたし。と思いきやアクシデント④山ちゃん行方不明事件。スカイライン出口集合場所に真ん中走っていた山ちゃんが来ない。まさかエンスト?でも最後尾を持ってくれていた4様も見ていないとのこと。崖に落ちたか!?全員愛車に火を入れて来た道を急いで戻ります。しかしすぐに前から見覚えあるライディングフォームのライダーが来ました。「ちょっとオシ○コ」←流行ってのかい
DSC03997_convert_20130325222210.jpg
そんなこんなで解散場所の談合坂SA到着しました。今回は悪い天気予報が幸いだったのか車もバイクも少なく道中快適でした。日没前に帰宅できプランどおりのツーリングでした(自画自賛)残念だったのは解散直前に今日は見かけなかった旧車会が現れ爆音を撒き散らしたのでそばにいた小さい子供が「バイクってうるさーい。やだねお父さん」と言っていました。未来のライダーが一人減ったかもしれない残念な一場面です。無法者の集まりのライブギアですがバイクに乗らない人にこそ気を配りたいですね。

ドタツーならぬドタバタツー(´△`)

今年も始動は3月からですが寒さもあってかこの2ヶ月の間はGS入れるために数キロ走っただけです。最近仕事をしていても少しのことでイラッと来てしまいます。いかんいかん、ストレスが溜まっているなぁ、カルシウムが不足しているなぁ、、、いや!走りが足りないんだ!mc(`Ц´)!!思い出せ、残雪の中を嬉々と走り回ったあの冬を!!!
ライダーは走ってナンボ、タカシさんの元気に走り回っている書き込みにつられてドタツー決定!?と相成りました。
しかし告知をしたとたん気温が急降下↓。「こりゃ誰も来ないな・・・」3日前には中止と思ってロボジーでも観にいこうかなと思っていたらタカシさんの「大丈夫っしょ」的な書き込みにより犠牲者、、じゃない勇者続出です。
やっぱみんなエライ!少し反省しつつコースを急いで練ります。消去法で安近短(一般道・海・江ノ島)となりました。今回の勇者(今回はこう呼びます)はか2さん、ボルジーさん、タカシさん、カンタさん、イノッチ、ゲストさんと私の7台です。
DSC02999_convert_20120207221926.jpg
当日の最高気温はこの冬2,3番目の冷え込みですが寒いし近いので今回はゆっくり9時半集合となりました。集合場所は南池袋PA、首都高苦手組にはドキドキの朝を迎えたのでした(笑)。今回ゲスト参加のタスキさん。なんでも猫を飼ったときに首のひも?が前足から首にかかってしまいタスキに見えたので愛猫の名前がタスキと決まりその名前をHNにしたそうで少し前はハーレー野郎だったそうです。今回は無事PA合流、休憩室で久々の再会を楽しみ自己紹介、談話、談話、談話、、、、早く出発しろー(`△´〆)
みんな暖かい休憩室をイヤイヤ出て一路江ノ島を目指しますがこの辺からドタバタツーの妖しい雰囲気が漂いはじめます。ほとんど行き先だけ決めたNoプラン、破綻は目に見えていたのでした(合唱、チ~ン)
しかし南池袋PA出口は怖い。左カーブの助走距離無し。右から車がビュンビュン来ます。滝壺に飛び込む覚悟で本線に入ると案の定隊列がバラバラξ(-。-)せまる分岐、見えない後続、初っ端からハラハラドキドキです。おまけに渋滞を抜けると先導する首都高ダンサー達は「ヒャッホー」とばかりに背中を丸めて加速します。慣れないメンバーは看板とにらめっこしながら5号線から横羽線を使い横浜新道へ。戸塚PAで無事みんなと合流しここでも暖をとりながらか2さんはメロンパンをもしゃもしゃ(@o@)
みなさんそれぞれ寒さ対策を工夫していますがタカシさんはグリップが白い。なんと貼るホカロンをグリップに巻きつけていますが効果は高いそうです。基本はヒートテックにホカロンが多数でインナーソールにネックウォーマーなど気温ほどの寒さは感じません。薄着のイノッチは若さという防寒具を身に付けていました(笑)しばし街中を走るとほどなく江ノ島の看板が出始めます。そして江ノ島12時到着。12時?遅くネ? う~む、移動は速いのにNoプランなので休憩取りすぎました。奥の県営駐車場に向かいますが手前の公園の空きスペースに多くのバイクが駐輪していて誘導員?に聞くと駐車OK。きちんと整列して停めると誘導員?が「ここは歩道なので芝生に停めて」とおっしゃる。下は土なのでズブズブ、一斉にスタンドの下に置く石探しがスタート。少し傾斜もついているのでギアを1速にいれると健忘症が始まっているアラフィフ達はか2さんに「帰るときギアが入ってるって言ってくれ」とお願いします。
DSC03003_convert_20120207222010.jpg
腹ごしらえに有名なお店に行くとすでに1時間待ち状態。そろそろみんなお腹が空きすぎて暴動寸前なのですぐとなりのガラガラのお店に入ります。「7人ですけど、、、」そう告げるとお店の人はおっと驚いていたのがちょっと不安です。まあ空腹という調味料があるから大丈夫(^∀^)生しらすは3月まで禁漁なので桜えびとしらすのかき揚丼をチョイス。
DSC03004_convert_20120207222041.jpg
桜えびの歯ごたえとご飯にしかれた青のりがポイント高し。ボリュームもかなりあり満腹で少し残してしまいました。この場に父親がいたら怒られていたでしょう。←幾つになったんだ?蛤も食べたかったが注文しないで正解でした。
DSC03005_convert_20120207222103.jpg
さあ頂上の江ノ島展望台を目指そう!・・・あれ?どこ行くの?そっちじゃないよ?とお約束の敵前逃亡、脱走兵続出。よほど歩くのがお嫌いのようで(TT)残った勇者は頂上を目指して歩き始めた。
「どらえも~ん、疲れちゃったぁ。」「はあい、エスカレ~タ~」 
DSC03007_convert_20120207222134.jpg
便利なことに頂上まで屋根付きエスカレーターがあるんですね。人呼んでエスカー、、、ネーミングはともかく楽です。350円を節約する人民を横目にゴウンゴウンと動く階段で登ります。
DSC03010_convert_20120207222157.jpg
DSC03011_convert_20120207222236.jpg
江ノ島神社で安全祈願しコッキング苑で開催されているチューリップ展を眺めていざ展望台へ。考えてみればほんと高いところが好きですね。後方にはエボシ岩と富士山がでんとかまえています。快晴の中展望を楽しみ下山しますが帰りは徒歩なのね。
DSC03013_convert_20120207222324.jpg
留守番部隊と合流し帰路につきます。駐車場に着くとか2さんが約束通り「ギア入ってるよ、ギア入ってるよ、ギア・・」と連呼してくれます。
DSC03016_convert_20120207222349.jpg
はいはい解ってますよ、とニュートラルに戻しエンジンON。とその時ガシャン、ギギギと横をみるとイノッチのCBRがか2さんのR1にもたれかかりその2台がKZ君へゆっくり傾いてきます《(°Ж°)》グワッシ・KZ君を守りながら左足で2台を受け止めます。駆け寄るみんな、なんとか立て直しました。聞けばイノッチはギアをいれたままセルをまわしてしまいか2さんの声は届なかった、、(;△;)。帰りは16号を坦々と帰るはずが一般道はめんどくさいとNoプランらしく首都高に変更しますがこれが後々災いします。帰りは朝比奈ICから湾岸線に向かいますがか2さんからR1を拝借した先導のタカシさんが「ウヒャー」とばかり(想像)に追い越し車線を加速したと思ったら直後に左へ曲がる分岐があったもんだから物理を無視したような車線変更で一気に左折!パニックに陥った後続はあわわわ・・かろうじて右目で目視できたカンタさんとボルジーさんが横横道路へ遠のいていく(TT)/~
イノッチと走りながら相談するもダンガーニのバッフル抜きとCBRのスリップオンではどんな大声出しても聞こえない。意思疎通が出来ないままメンバーは(たぶん・だろう)で停車場所を一生懸命頭の中で模索します。本当に今回の幹事は無力です。そのあと数回の停車を繰り返し不安が大きくなったきたそのとき、グワー 合流車線でボルジー号とカンタ号が横にいるじゃあーりませんか!奇跡の再会を果たし先行していたカンタさん達ともPAで会えました。

、、おかしい、、、1台足りない、、、タスキさんがいない、、、。「もう来ないな、、、次のツー、、」みんな同じことをつぶやいていました。バチがあたったのか帰りは湾岸線をチョイスした私達に強風14メートルが襲います。帰宅するとタスキさんの無事帰るコールじゃなく書き込みと次回参戦表明があり一安心(-。-)
本当にドタツーも舐めちゃいけないと反省しきりのドタバタツーでした。勇者のみなさんお疲れさまでした&申し訳ありませんでしたm(__)m
本日の走行 ありゃ?走ったねぇ 入間から270KM

プチ冒険ツー

なぜぷち冒険ツーと呼ぶのか。それはアイデアが出ない、、、んじゃなくてルート考案中に普段は通り過ぎてしまいなかなか行く機会が無い場所へ行こうと思い立ち吉田うどんが浮かびました。富士吉田って高速走って降りないモンね。しかし中央道だとあっという間でいつものコース。思案してると道志みちって逆走したことないなぁ。そうだ!京都行こう!じゃ無いいつも左回りだから右曲がりのダンディ(古!)でもない。右回りで行こう。初めての試みなので冒険なんです。
DSC02705_convert_20111014225002.jpg
ということでいつもは解散場所の相模湖IC集合。う~ん、新鮮だ(ー。ー)そうでしょみなさん?今回はrajaさん、クロさん、4さま、お見送りのとしさんと私サポの5台です。うん?1台足りないぞ。しばらく待ったけどボルジーさん現れず。途中で事故などあってやしないか心配だ。でも大丈夫だよと根拠の無い理由でおいてけぼりの非常のライセンス(^▽^)
DSC02710_convert_20111014225032.jpg
道志みちを逆走し山中湖へ。いつもは抜け道で渋滞する道だけど順調に走れます。しかし人は同じことを考えるものでファミリーカーも多く微妙なスピードでランデブー。心の中で叫ぶ「お前ら高速使え!」と。道路脇には先日まで台風が来てましたのであちこちに爪あとがくっきり残っています。倒木をはじめ道路に溜まった泥の除去した後などエライぞ、土木管理事務所!がんばれ東北!!
DSC02717_convert_20111014225058.jpg
やってきました山中湖。中年オヤジがぶらぶらと湖畔を散策します。若い頃は湖があるだけでも楽しめた。今ではでかい水たまりぐらいにしか思わない。時間も早いせいか閑散としております。
DSC02719_convert_20111014225123.jpg
138号線を須走を通過します。ここでとしさんシンデレラとお別れです。時間制限の参戦なのでここから急いで自宅を目指します。私達本隊は23号線に移りおなじみ富士山スカイラインへ向かいますがここも初めての逆走なので富士山を正面に見ながら麓に近づいていく走行はやはり新鮮でした。ただ残念なのはスカイラインが前日深夜までの雨でほとんどウェット状態なのでまったく楽しめなかったことですね。そして富士宮市方面からの方が登りの中速コーナーが続き路面も新しいのでおススメです。今回も139号ではなく71号の富士宮鳴沢線をチョイス。車も少なくスムーズに走れます。
DSC02725_convert_20111014225145.jpg
本日2回目の休憩場所のミルクランド到着。今回もrajaさんお昼まで待てません。「やっぱり富士宮やきそばでしょ」とおやつ代わりにペロリ。うう、たまらん!私もお付き合いで焼きたて熱々を購入し朝霧牛乳も一緒にいただきました。しかし流石ミルクランド。牛乳が美味い!そのときクロさんの携帯がプルルルル。話しているクロさんの顔がみるみる曇っていく。「大丈夫?なんかあった?」「う、うん、やんなちゃうよね。休みなのにさあ」会社からでしたが大丈夫ということでツーリング続行です。
DSC02736_convert_20111014225211.jpg
本日の昼食場所みさきうどんに到着しました。といっても解りづらい場所で行き過ぎたrajaさんが向きを変えたため隠れていた看板を発見し無事到着。かための麺にキャベツの千切りが入り野菜が多いのが特徴らしい。ここはピリ辛の極太ごぼうが入っています。古い民家をお店にしているのでのれんをくぐると普通の玄関があり廊下の左側に広間があってそこが食べるところになってます。
DSC02734_convert_20111014225234.jpg
元気の良いおばさんがお水をもってきてくれて親切にうどんの説明をしてくれます。看板メニューの富士宮うどんの肉きんうどんをみんなで注文。廊下にはお茶と水のタンクがあり3種類の漬物があってセルフサービスで食べ放題らしい。二種類取ってつまんでみるとどちらもいけます。みんな一斉に「ビールのみてえ」。ごぼうは結構ピリ辛で肉は馬肉を使用。麺は固めで茹で加減は好きですが小麦の風味は少なくおつゆも田舎うどんらしい一般家庭の味付けでした。←あくまでも個人的感想なのでm(__)m
DSC02740_convert_20111014225304.jpg
食事の後クロさんにまた連絡が入ります。「緊急指令10-4-10-10迅速な対応が必要」力なく手を振りクロさん離脱。このあとの河口湖ICから大月ICまで中央道を使用しますがクロさんはそのまま直帰します。クロさんとバイバイと手を振り大月ICを下車。またまたう~ん、大月ICを降りるのは初めて。減速レーン?が長く山の中に放り出された感じがしました。ここが猿橋です。走ってきた方向が悪かったのか場所がさっぱりわかんない(;;)看板が出てたから矢印に従って走ること30分。看板が無くなりました、、、。やっと人を発見。猿橋の場所を聞くとまだまだ先らしい。行かれる方は場所の確認を十分していきましょう。
DSC02747_convert_20111014225331.jpg
辺鄙な場所だけど観光客多し。造りも凝った橋でした。このあと139号線で奥多摩を目指します。道が悪いということで心配でしたが確かに狭く浮き砂、浮き砂利多し。距離も結構ありました。途中に松姫峠があり石碑があるだけで通過してしまいましたが見晴らしが良かったので止まればよかったかな。しかし今回のコースは普段、そしてこれからももう行かない場所かもしれないので良い冒険だったと思います。

入間からの距離 忘れてしまいました。
プロフィール

sapo2010

Author:sapo2010
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。