スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや開幕戦延期

延期の延期、4/24も悪天候のため開幕戦が出来ません。気を取り直して期待したGW中のラウンド2もピンポイントの降水確率80%。
思わず前日にメールとラインで「明日暇な人いる?」と緊急告知。ひっかかたのは・・いやいや急なお誘いのなか、か2さんとケロさんが参加してくれました。ルートは延期となった富士山漫遊の旅。最高の天気と久々のツーが重なりテンションMAXです。
集合は満身創痍のか2さんを考慮しいつもより1時間遅いAM8:00談合坂SAです。おかげで朝の犬の散歩に行けたので奥方の機嫌も上々です。
2016.5.1(日)圏央道入間ICからINすると早速料金所に高速機動隊の面々が控えております。ツーの前途に嫌な予感がしましたがこれも自戒を求める神のお告げとポジティブにとらえアクセルON!(笑)
DSC07278_convert_20160503091127.jpg
八王子jctの合流地点はお約束の渋滞ですがほどなく談合坂SAに7:40頃到着です。駐輪場の一番手前にケロさんが待っていてくれました。でも中はバイクでいっぱい!なんとか空いているスペースに止めてか2さんを待つ間、ケロさんと腹ごしらえにSA内に向かうと喫煙所に赤いツナギを着たか2さんが涼しい顔してご一服しておりました(-。-)y-゜゜゜
だろう運転と遅れてくるだろうは禁物です。その後ルート確認という長ーいミーティングをします。しかしケロさんは気温が低いのにTシャツにサマージャケット、か2さんは皮ツナギにショートのライディングブーツ、私は太ってパンパンになったジャケットと相変わらず統一感の無いバラエティ豊かな面々となりました。
気が付くと周りのバイクも少なくなり出遅れ感満載です。でも・・・
我々は光速で移動が出来るのです。ハハハハハ
今回はマンネリ打破で河口湖ICを出て河口湖に向かいます。河口湖大橋を渡り湖畔沿いの湖北ヴューラインを走ります。いや〰本当に良い道ですね。好天もあって湖と富士山の綺麗なこと。車も少なく快適なクルージングが堪能できまた走りたいと思わせるコースでした。アットいう間に(笑)最初の目的地、西湖いやしの里根場に到着しました。
DSC07292_convert_20160503092053.jpg
と思ったら駐車場は広いが目指すかやぶき屋根が見当たらないΣ(゚Д゚) マジ不安になり周りを見渡すとあった、あった。まさにふもとにたたずむ古民家群がありました。早速入り口でトラブル発生!世話人が350円→300円のネット割引のクーポン券を忘れたのです。50過ぎの親父達が20代とおぼしき娘たちに一斉に「忘れた、まけろ」の大合唱。もちろん娘たちは苦笑いの中プライスダウンをしてくれました。3人の親父は大満足です。場内は再現された古民家によって味のある空間が作られています。
散策していると途中で武士装束の一団と遭遇します。お店の人かな?と近づくと顔と言語が違うぞ。アジア圏の観光客だと思われますが貸衣装を利用して記念撮影に興じていたのです。刀を振り回すほどノリノリでしたが私たちが写真を撮ろうと近づくとサっとうつむくなどシャイな一面をのぞかせます。でも長時間着用していたのか店番の人に「あまり遠くに行くな」と日本語で注意されておりました。
入口の池には「鯉か!?」と驚くほどデカいニジマス?もいますので一度見てください。
見学も終えてさあ次の観光ポイントへ。とバイクに戻るとケロさんがアセアセ(;´・ω・)します。ご存知の方も多いと思いますがケロさんのマシンは電子器具が満載で接続し出発するのに少々時間が必要なのです。二人のまだか?という熱い視線を浴びながら準備OK、出発だー  と思ったら数分で次の西湖コウモリ穴に到着しました。ケロさんは泣く泣く接続を外します(爆笑)
入場券を買おうとしたら入り口で「JAF割引あります」の表示。ケロさんがJAF会員証を持っていたので全員が割引を受けられました。金額は300円→270円    び、微妙だ。30円割引でここまで50円+30円×3=総額240円の節約ができましたパチパチパチ👏
入口でヘルメットを渡されます。なんでも穴内は大変狭くヘルメットを被らないと危険だそうです<<<(;´Д`)>>>ガクガクブルブル
プラスティックのヘルメットを被り穴の入り口に向かいますがこれが結構長いのね。歩き疲れた親父達は入り口に到達する前にぜえぜえ言いながら意気消沈です。
DSC07302_convert_20160503092117.jpg
中に入るとよくある鍾乳洞かなと思ったら奥に行くにつれ天井が下がってくる。中腰だったのがアヒル歩きになりヘルメットが天井の岩にガツガツ当たる。暗闇なので所々ある突起物などはいきなりガツンときて危険だ。もちろんこの時点でか2さんは行方不明。そういえば途中に短縮コースの看板があったな・・・。入り口では身長1m未満ならヘルメットは不要と説明していたが50cmの間違いだろう。何よりも文句を言いたいのはコウモリを謳っていながら昼間はコウモリは別のところで眠っていて夜は営業していない。・・・見れないじゃん!・・・
まあプチアドベンチャーとプチ富士の樹海を体験できるから勘弁してやるか(-_-メ)。

ーーーー只今ケロさんが出発の準備をしていますのでしばらくお待ちください♪ーーーーー

次は精進の大杉に向かいます。そしたらナビが最初のポイント通過を認識しておらずいやしの里に戻ってしまった・・・まあいいか。139号線に出ると芝桜の大渋滞が発生中。でも3台なのですり抜け&反対車線のオンパレードですいすいすい。だけど問題発生。杉が見つからない。どう検索してもナビに大杉は表示されているのにそこに行く道路が無いのだ!
もともと観光に関心の無い今回のメンバー、「いいよね、別に」と意見が一致し軽くパス決定。本来富士山一周だったが72号線も渋滞表示が出ています。
なぜか今日は朝からか2さんは「道志みち走りたい、どうしみち、ど・う・し・みちィ〰」と道志みちに異様な執着心を見せていましたがすり抜けに懲りたのかあっさりコース変更同意。河口湖ICから大月で降りて松姫峠の139号線を選択。これが思いのほか大当たり。河口湖ICまでは渋滞していましたが乗ってしまえばこちらのもの。大月ICで降りて昼食場所を探します。
DSC07308_convert_20160503092157.jpg

「大月駅にいけばなんかあるんじゃね」と大月駅に到着するも愕然とします。駅前がさっぱりしてます。そのとき無料観光案内所の看板を私は見落としません。いろいろ教えていただき無事昼食(名物おつきだんご汁)にありつけました。か2さんとケロさんはメニューを読み間違えて団子ではなくうどんをオーダーしてしまいましたが食べてみると「おっ美味い」「見た目と全然違う」と絶賛していました。う〰む、侮りがたし大月うどん。ここでもか2さんの男気全開!「お姉ちゃん(おばさんだけど)ノンアルビールある?」と我々にノンアルコールを振る舞ってくれました。兄貴御馳走様でした。

ーーーー只今ケロさんが出発の準備をしていますのでしばらくお待ちください♪ーーーーー

AM13:00、出発。走り出してすぐ松姫峠へ向かいます。過去の記憶だと修行道的なクネクネ道でしたが行ってビックリ!なっがーいトンネルが開通していたのね。道中ところどころセンターラインは無いものの快適な道で修行道的な部分はトンネルでカットできるんですね。頂上で大月市を振り返る展望を見れないのは残念ですが抜け道としての価値は大きいと思います。こちらもまた走りたい道路認定です。
DSC07307_convert_20160503092135.jpg
やがて奥多摩に抜けあとはいつものコースで帰宅します。最後のコンビニでまたまたながーいミーティング、中身は無いけどね(笑)
お疲れ様でした。やっぱりみんなで行くのは楽しいね(゚∀゚)

今回は入間市から260km
スポンサーサイト

2015開幕ラウンド1 足慣らしツー

久々のツーレポです。昨年まで仕事の繁忙と重なったうえにUPしなければというプレッシャーに襲われ締め切り前の漫画家のようにうなされる夜を過ごしていました。しかし皆の胸に刻まれた思い出も行けなかったメンバーにおすそ分けしなければならぬと再開します。でも肩の力をものすごーく抜くのでレポートというよりメモ書きだね。
DSC06439.jpg
2015.4.12(日) 圏央道の開通により断然アクセスの良くなった東名方面にハンドルを切りました。今まで厚木といえば渋滞の国道を○時間かかって通り過ぎるだけというイメージしかありませんでしたが今では自宅(入間)から30分で厚木PAです。今回は早々の参戦表明いつもありがとうの山ちゃん、常連組のクロさん、かんたさんです。グリースさんはほぼハンドメイド(手作り)の愛車が不調で当日判断です。かくいう私の愛車もトラブルというより時限爆弾を抱えていていつ廃車になってもおかしくない状態での参戦です。これからは必ずタンデムできる相方を連れて行こう(´・ω・`)
AM9:00といつもよりかなり余裕の集合タイム。PAにつくと早速かんたさんとグリースさんを発見。数か月ぶりだけど久々という気がしない。他のメンバーを待っている間にしばし談笑。しかしバイクが多い!それもZ系CB系のほかクヲーターバッファローのGT750など70Sのタイムスリップ状態。ハーレー野郎もてんこ盛り、チッ(-.-)。ほとんどOYAJI連中ばかりです。待っている間はグリースさんの愛車に「これ何?」と他のライダーから質問が集中。みんなへえ〰と妙な納得をして帰っていきます。そうこうしていると山ちゃんと合流。そこにrajyaさんもドタ参、最後にクロさんがドコドコやってきました。相変わらず「名古屋でいいんだよね?」「大井松田ICって新東名?」などと低レベルの打ち合わせを終え総勢6名と小回りのきく台数で9:30スタートです。
DSC06459.jpg
あああっという間に海老名jctを経由して東名を名古屋方面へ。時間帯が遅いので車はそこそこ走っていますが渋滞も無くすいすいひらひら走ります。最近メンバーも心得たのか写真を撮り終えるまで変態・・おっと久しぶり、編隊走行をします。が、それも束の間、相変わらずかんたさんはブボーと彼方に消えました。おや?後が続かないぞ?理由は後ほど。
ほどなく大井松田ICに到着。ガソリンも減っていないのでそのままチープな観光へGO!
78号線を一路足柄峠へ向かいます。田舎の旧道みたいな雰囲気の道ですが走り慣れていれば気持ちの良いコースです。軽自動車を数台パスしてタイトなコーナーが始まりさあいくべーというときに足柄峠に到着( ;∀;)おまけに「ここ!」という案内があるわけで無くここかな?と迷っていると側道に数台バイクが停まっていました。そこの駐車場らしきところに駐車するとラッキーなことに目指す足柄城址跡でした。城址ですから特に何があるわけで無くミニ吊り橋と底なし沼があるだけでしたが見晴台から眺める富士山は絶景でした。辺鄙なところだけどここにあったお城に住めたらきっと心穏やかに生活出来たろうなぁと思いを馳せます(何かあったのか?)
他に見どころも無く小さな底なし沼もそれなりに楽しめました。思いのほかだべってしまい予定時間を少しオーバー。世話役は時間にうるさいのです。いや腹ペコだったのです。昼食へ向かうコースですがナビでみるとクネクネしていて楽しそうだなと選定しましたが実際走ってみると細い急な下り坂でおまけに前日までの雨で路面は濡れ落ち葉だらけ。近道だったのにトコトコパレード走行となってしまい逆に大きなタイムロス。今後「ここは走ってはいけない三大峠の一つにさせていただきます」
DSC06466.jpg
いやー絶景かな絶景かな
DSC06477.jpg
20kmほど走り今日のメインと言える昼食「魚啓」に11:10到着。海鮮が自慢の店ですがなんでこんな山の中?というくらい海から離れて畑の中にありました。店に到着すると車とバイクがそれぞれ十数台停まっていて玄関に数名の行列が・・・。80名くらい入れる店内はすでに満員。席順待ちに名前を書くと3番目(といっても15人待ち)空腹のほか待ち時間も調味料
と割り切り先客の料理を眺めながら順番を待ちます。すると奥から手前にどよめきのウェーブがおきました。出てくる料理はどれもボリューム満点でしたがその料理は名物のかき揚げでげげげという大きさ。A4用紙3枚分より大きいかも。注文主はおやじライダー8人組。テーブルに置かれたかき揚げを目の前にすると自分たちの洒落の範囲を超えていたのか一斉に無口になってしまいました。すると山ちゃんが俄然興味深々。「写真撮らせてもらおう」と鼻息が荒くなっています。テーブルのいたたまれない雰囲気を察し「気の毒だからやめておこう」と止めているとやっと案内されました。
12:10着席と待ち時間は1時間かかってしまい予定外です。特選海鮮丼×3、かまの煮込み定食×1、うな丼定食×2。ぎりぎりまで山ちゃんを筆頭に「かき揚げ〰ん」とみんなで悩んでいましたが年寄りは美味しいものがちょっと食べられればいいのです。2,3年若ければ注文していましたが着丼したどんぶりを見て注文しないで正解だったことがわかりました。どんぶりと同じ大きさの味噌汁と思いのほか深いどんぶり。ひいひいいいながら完食し店を出ます。駐車場には旧會会がご到着。そこでもグリースさんの愛車に「これ何?」の質問が集中しました。うう、バイクに跨ると味噌汁が口から出そうだ(*_*;
13:30と予定を大きく遅れて出発します。
DSC06479.jpg
246から147号線をちょっとすり抜けし三国峠を目指します。途中富士スピードウェイの前を通過しますがここは3年前に走ろうとしたコースだったのですが集中豪雨で通行止めだったところなので個人的にリベンジが果たせました。三国峠に向かうコースもそれなりにヘアピンコースでしたが見通しや路面が悪くちょっと神経を使いました。125cc位のライトなバイクなら楽しいコースかもしれません。ほどなく三国峠に到着。若干雲がありますがここも見事な富士山が鑑賞できます。あれ?、、、みなさんどうしたの?富士山はこっちですよ。なぜか早く次行こうオーラが充満してます。聞けば足柄峠で堪能したのでもう富士山はご馳走様だそうです。
あとはお決まりの道志みちを走り帰還するだけです。ただ今回はいつもの相模湖ICではなく新たなコース設定で圏央道のインターに向かいました。相模原ICそばのローソンで最後の一服、圏央道で流れ解散となりました。帰宅も16時前とやっぱ圏央道いいな〰。しかし厚木PAは新たなツーリングの集合場所になりましたね。
そうそう、本日みんなが行儀良かったのは初走りだったため微妙にライディングがずれてしまっていてセーブしていたそうです。グリースさんは本当にやばかったそうで今度詳しく聞かせてね。

本日の走行距離 入間から250km

ラウンド1 開幕戦が耐久ツーになっちゃった

待ちに待ったシーズン開幕戦。久々に遠足前夜のワクワク感を感じてます。当初は絶好のツー日和でしたが日曜に近づくにつれかなり不安定な天気に変わってしまいました。「どないしよう?」悩ましい日々を過ごす中土曜日の天気予報ではコース上は雨が降らないという奇跡が起きたのです。やったー(^_^)vとばかりに開催宣言をして床につきました。当日ウキウキしてジャケットの袖に手を通し多少の寒さは問題じゃないと玄関をでました。その背後では「大荒れの冬の嵐にご注意ください」と天気予報が流れていました。トホホホ・・・
DSC05206_convert_20140409214122.jpg
今回のエントリーはか2さん・4様・タカシさん・アッキーさん・カブさん・山ちゃん・グリースさん・サポです。今回は8時に談合坂SAに集合。不確実な天気に高速はバイクも車も少なめです。他にhiroさんとアケさんの参戦表明がありましたがタイムアップ。ミューティングをおこない8:30出発。あとで聞けばhiroさんは行き違いで到着して最後尾のグリースさんのバイクを目撃していたそうですがメンバーと気が付かづおいてけぼりとなってしましました。ボルジーさんにいたっては御殿場合流を表明していましたが「会えればラッキー」扱いでインターで左右確認のみでアクセルフルオープン!当クラブをたよって(舐めて)はいけません。99%自己責任で成り立っているのです(´-ω-`)談合坂を出るころには日がさして気温も上がりテンションも急上昇です。
中央道より富士五湖道路に入り須走ICへ。河口湖ICを過ぎると左右に残雪が多く寒いなりに味のある景色が楽しめました。
がっ!トンネルに入ると電光掲示板に【出口ユキ注意】の表示が延々と出されています。「短いツーリングだったなぁ」と不測の事態に備えて減速。おっかなびっくり出口につくとそこは雪国だった・・・とはならず晴天です。「おどかしやがって」とつぶやきながら凍結に注意して先を急ぎます。
CIMG0905_convert_20140409220427.jpg
御殿場インター手前で給油。後方の青空を見てください。顔も自然にほころび会話も弾む。しかも毎回一人二人は太平洋ではなく大月jctから日本海を目指してしまう輩がいるのですが今回は無事に8人揃って東名へ。おおっ道が空いている!雨が降るかもというだけでツーをやめてしまう軟弱ツーリングクラブ達よ。リスクを背負って出かけるとこういうご褒美があるのだよ。沼津までの短い間ですが爽快に走ります。毎回食事の時間でもめますが(笑)今回もルート上お食事処へ直行とはいかず近くにある柿田川湧水群を見学します。向かう途中の一般道では8台いますので信号待ちでさすがにすり抜け先頭とはいかず車と歩調を合わせて走りますがこの台数でマス体形で走ると「ああ、ツーリングクラブだったんだなぁ」とプチ感動。訳なく柿田川公園に到着。駐車場無料最高!駐車場のおじさんもフレンドリーです(^_^)v
CIMG0907_convert_20140409214433.jpg
この柿田川公園はHPで写真を見て楽しみにしていました。無料というのもポイント高いです。さあ、行こう。あれ?行きますよ?行きましょうよ(泣)。予想はしていましたがメンバーのみなさん公園入口へ向かう足取りが重い。と言うよりは駐車場から動かない。突然痛風や腰痛がでるメンバーが続出です。でも私は許さない。ヒツジを追う遊牧民のようにメンバーを展望台へと追い立てます。公園の案内地図はちょっとわかりづらいところですがなんとか第一展望台に到着。ここは40km離れた富士山に降った雨水が地下を通り湧き出るもので綺麗な水と風景に心洗われました。「では第2展望台に行きま・・・」数名から(TとKとH)殺気を感じたので散策をあきらめ食事処の沼津港へ向かいます。ここから6kmなのでチョイ乗りです⊂=へ(‘v)b
DSC05216_convert_20140409214147.jpg
程なく沼津港へ到着。か2さんに言わせると数年前と大分様変わりし観光地化が進んだそうです。路上駐車が出来ると聞いていましたが多くの店舗と人の波で駐車ポイントが見つかりません。か2さんのかすかな記憶で倉庫裏の駐輪場を発見。知らないと苦労しますね。車で来る方は10時前には到着することをおすすめします。さて第2のお楽しみ、海鮮かき揚げ丼です。かき揚げは長い筒に具を数回に分けて流し込みこの高さにするそうです。天つゆを上からかけてかき揚げを崩しながら下のごはんと一緒に食べるそうです。ぐるなびの評価も高く900円はリーズナブルです。人気店だけに5組待ちで受付に名前を書いているとTさんが「・・待つの?・・}みんなが思っていても声に出さないことをサラッとノタマワレマス。すでにメンバー全員は腹減り星人と化していますので写真だけ撮ってふらふらと別の迷店へ。
DSC05225_convert_20140409214212.jpg
振り返って歩くこと1分。距離にして5mで店のおばちゃんにキャッチされました。「みんな座れるよ」「魚はどこで食べても一緒」言葉巧みに?3階へ連れていかれるとまあまあのお店で値段も観光地では良心的なものだと思われます。おすすめは沼津丼(三色or生シラス)と海鮮丼です(画像は写真館にあり)たかしさんはもちろん大盛りで若者2名が続きます。アッキーさんとノンアルコールで乾杯しみなさんぶっちゃけ話で盛り上がります。酒は無くとも宴会状態ですから周りのテーブルは引いて静かになります。ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでしたm(ーー)m
DSC05224_convert_20140409214234.jpg
お店が私たちを早く帰そうと思ったのかはわかりませんが程なく丼が配膳。か2さんは何で儲けたのかはわかりませんがフトコロが温かいのかカサゴの丸揚げを別注。痛風が心配なので丼のイクラをカブさんに全部あげちゃうという太っ腹状態。そういえば「これ何カロリー?」とメニューとにらめっこしていましたっけ。「いっただきまあーす」そうすると突然タカシさんの携帯にhiroさんから着信アリ≪(;**)≫
なんと私たちを予定表の通りソロで追っかけてきたそうです。ここで冒頭に書いた通りすれ違いだった事がわかったのです。良かった良かったと喜ぶhiroさんと私達。楽しい食事が出来たのが何よりでした。
DSC05227_convert_20140409214252.jpg
お腹が一杯になったからというわけではありませんが伊豆スカの標高を考えるとコンディションが未知数であり経過時間や夕方の降水確率を考えると後の予定をこなすのはリスクが高いと判断し引き返して山中湖から道士みちを走ろうということになりました。「え〰もう帰っちゃうの?みんなと全然走ってない(泣)」とhiroさん。タフなライダーですから200km台の距離ではまったく物足りないらしいです。倉庫の裏というまったく記念にならない写真を撮り出発。するとか2さんが後方から追い越してきて「アッキーさんがいないよ」出発したらアッキーさんのバイクだけポツンと残っていたらしい。幹事がメンバーの確認もしないで出発してしまうクラブなんです。みなさんのやさしさだけがたよりです。
DSC05228_convert_20140409214310.jpg
沼津インター手前で進行方向に暗雲が立ち込めています。コンビニの駐車場ではカッパを着るライダーも見かけます。御殿場もすぐなので大丈夫だろうと高速IN。するとすぐバチバチと大粒の雨とヒョウが・・・路肩に停まってカッパを着るほどの大雨ではないのでかまわず走行しますがやはり5分も走ればビッチョリです。本降りになりかけたところでSAがあったので雨宿りへ。hiroさんは速攻でカッパを着ますがその手際の良さは並じゃない。どんだけツーリングをしてきたのだろう?FCRを入れてるバイクは軒下へ逃げ込みます。特にか2さんのR1はファンネルが大きな口を開けて上を向いてますから停車すると大変です。不思議なもので雨宿りすると雨が上がるんですね。スマホで天気を見ると山中湖エリアに雨雲はかかっていない。先の空も明るくなってますので再出発。天気が不安定なのでカッパ着ますか?「カウルがでかいから」(1名)「たたむのが面倒」(1名)「カッパ持ってない」(多数)
DSC05230_convert_20140409214327.jpg
おなじみ道士みち道の駅に到着。このやったぞ感満載のドヤ顔を見てください。御殿場IC降りてから度重なるにわか雨の洗礼。須走手前で再度ヒョウの襲来。とどめは大粒の雪⛄ 白いカタマリが落ちてきたので「またヒョウか」と思ったら肩に乗ったヒョウが落ちない。よく観ると雪じゃん!チラホラじゃなく結構な勢いで降ってくる。
この選択は間違いだったかと思い始めたが雪も山中湖手前ですっかり上がり路面も湿っている程度。道士みちに入ると路面は乾いていました。実は高速で4様が御殿場で降りそこね厚木ルートで帰ったんですがそっちは大丈夫だったかもと思ってましたがやはり大雨に降られたそうです。タ〇シさんのせいじゃないと証明されたわけです(笑)でも相模方面から雨雲が流れて来ています。「タ〇シさんを捜して来たんだ・・・」私はそうつぶやきました。
DSC05231_convert_20140409214351.jpg
昔は問答無用に降水確率30%で中止にしてましたが多少の雨は楽しみの内と考えるようになってました。でも気持ち良く走るのが目的ですし特に雪や凍結のリスクが考えられるときは正しい決断も必要だなと反省しました。ラウンド2はGWなので寒さの心配は無し。渋滞は避けられませんが美味しいお蕎麦と楽しいおしゃべりを楽しみましょう。

ごちゃまぜツー・・・のはずだったツー

ツーレポもご無沙汰で思い出は心の中に・・・って前回も書いていた。確かに忙しいけど毎月の残業が400時間超のブラック企業に勤めている人に比べれば私の職場は天国みたいです。参戦できなかったメンバーも「どうだったかな?」ときっと気にしてくれているに違いない(そう思いたい)。ならばツーレポを記するのも私の義務だと弱った体とダラけた心に鞭打ってコップ酒片手にさあスタートです(*'▽')
DSC04703_convert_20131102164553.jpg
今回の半ドタ参のボルジーさん。てっきりもてぎGP観戦と思っていたらツインリンクは前週に走行してきたそうで今日は2万円で手に入れたKSRのレストア予定日だそうです。それで半日参戦となったわけですが降雨後の奥鬼怒林道や瀬戸合峡など今回のルート上の重要なアドバイスをたくさんいただきおかげで地獄を見ることが避けられました。ここは田名邦衛風に感謝感謝感謝・・・m(ーー)m
しかし今回もプチトラブルが多発。①サポETCカード忘れる。クロさんと合流しさあ高速へ、というときにETCランプが赤いぞ!?家まで取りに戻りました( ;∀;)②アッキーさん二度寝。アッキーさんも忘れ物をして家に戻るとなぜか仮眠。180kmの巡航速度でわずかな遅刻で到着( *´艸`)③寒いとわかっているのに薄着多数。ボルジーさんにいたってはパンチング加工のジャケット。これから気温が下がるところに行くのにみなさん「寒い寒い」を連発《(≧∀≦)》
DSC04708_convert_20131102165215.jpg
あらためて今回のエントリーのご紹介。左よりゲストのグリースさん・アッキーさん・クロさん・ボルジーさん・山ちゃん・ゲストのやじさんです。グリースさんとやじさんは他のクラブでか2さんと知り合い再会を楽しみにしておりましたが残念ながらか2さんは仕事への台風の影響で欠席となってしまいました。山ちゃんは今回ニューマシンのFZ-1で登場。購入時一騒動あったようですがその全貌が明らかに!中古でイエローのFZー1を購入後あまりの痛みのすごさに点検したところメーター改ざんだけでなくフレームの一部にスプレー塗装があるなど怪しさ満載の車両だったようで購入ショップに持ち込むとあっさり非を認め販売価格で引き取ったすです。その代りFZ-1の新車を定価で購入するのが条件だったそうで得をしたのか損をしたのかビミョーなところですがやっぱり新車はバッチグーです(古)
DSC04712_convert_20131102165235.jpg
そんなこんなで集合場所で1時間休憩(;'∀')遅れを取り戻さねば!とあせったものの紅葉シーズンとは思えぬほど車の量が少なくすーいすい。順調に日光ICに到着。給油を済ませいざ霧降高原へ。しかし途中遅いバスや車をパスしワインディングを楽しもうかと思ったらやはり台風の影響か路面はところどころウェット状態。おまけにいたるところに濡れ落ち葉のトラップ多数。頂上に近づくと雨が降って来ました。おかしい・・・〇んたさんと〇かしさんは居ないのに・・・(゚Д゚;)冬グローブでも指がかじかんでくる寒さ。牧場に着くとみなさんマナーモードの携帯のようにブルブルしておりました。
DSC04714_convert_20131102165259.jpg
牧場に着くと山ちゃんは真っ先にソフトクリームを購入。「あれ?みんな食べないの?」「無理無理」。山ちゃんはみんな必ず食べるものと思っていたそうな。前日までの台風の影響かバイクも車も大分少なめで大笹牧場も空いていました。本来ならこの先の川俣ダムから瀬戸合峡の紅葉を楽しんで熊料理とイモリの姿焼きを堪能するはずでしたが霧降高原でこのコンディションです。犠牲者を出さないためにも折り返して沼田を目指すことにしました。お決まりの大岩の前でハイポーズ。横にあった親子牛の模型に悪ノリ二人組が早速ライディング。よく見ると「またがらないで下さい」の看板が。子供が見てなくて良かった。えっ?またがれと言われたから?もう善悪の別がつく齢ですよね(笑)
DSC04719_convert_20131102165317.jpg
折角なので途中の大橋(名前忘れた)の駐車場にバイクを止め長い橋を歩いて谷底の紅葉を堪能。昔は写真後ろの鉄格子は無かったそうでけして高くない欄干なのでさぞスリル満点だったことでしょう。橋の中央まで来て後ろを振り返るとボルジーさんは寒さに震えながら戻り始めているしゲストさんや山ちゃんにいたってはすでに駐車場に戻っている。まあ牧場を出るときに橋の下を見たい人がいるか聞いたら手を挙げたのはアッキーさんひとり。みなさん寒さがまさっているから仕方がない。しかしアッキーさんがぼそりつぶやいた、、、。「期待ほどじゃなかった」∑(゚Д゚;)
DSC04724_convert_20131102165337.jpg
日光市内に降りてくるとここでボルジーさん離脱。お疲れ様でした。ここまで来ると気温も回復、みなさんも元気が出てきました。いろは坂に入るとそこには大渋滞が、っと思いきや意外にすいすい。さすがに頂上付近は渋滞していましたが車間をするりと進みます。中禅寺湖を横目に戦場ヶ原まで一気に走りここで休憩。早めの昼食にとることにしました。昼食は手打ちのうどんとお蕎麦ですが広い店内に少ない従業員。・・・たっぷり休憩がとれました。しかしこの判断がすべて裏目にでてしまうのです。
DSC04725_convert_20131102165353.jpg
店を出て準備をしていると雨がパラパラ落ちてきました。空をみると天気雨の様相ですが雲の流れが早い。それも金精峠の方から黒い雲がどんぶらこーどんぶらこーと迫ってきてます(泣)カッパを持ってない人も多いがクロさんは寒さ対策ですでに佐野から着ている。着るか悩ましいところだが「たたむのが面倒」なのでそのまま出発。せっかくの紅葉も時折強く降る雨で気が気じゃ無い。おまけにトンネルを抜けるとそこはもちろん雪国。シールドに当たる雨も濡れずに落ちていく。雪じゃん。本日、日光は初冠雪っだたそうな。群馬に入ると天気は回復したので昼食を沼田にずらせば雨は一瞬だったかも・・・。
DSC04728_convert_20131102165413.jpg
前回来た時は大渋滞の吹割の滝でしたがひょいっと到着しました。途中のとうもろこし街道でおやつのとうもろこしを食べるはずでしたがお腹が落ち着いちゃってたのでパスしちゃいました。ごめんなさいm(・・)m過去に来たことのある人もいましたが台風で増水して迫力があり2回目の私も新たなインパクトがありました。相変わらず落ちたらさよならの遊歩道を歩き滝つぼに到着。水がうねりながら巻き込むように落ちていきます。小高いところに高齢の監視員と救命浮き輪がひとつ。記念写真を頼んだおじいさんはシャッターと同時にカメラ本体も大きく押し下げました。世界のソニー、サイバーショットの手振れ防止も補正しきれませんでした(*´з`)。
DSC04737_convert_20131102165611.jpg
ショートカットのため3時頃には上里SAに到着。悪夢のような天気も過ぎてしまえば思い出話、、、って早過ぎ!グリースさんはコースの4分の3くらいは耐久(寒さの)レースでした。穏やかな西日に抱かれしばし歓談。聞けばやじさんもかなりの車好きのようです。自慢のプレミア付愛車はうらやましいかぎり。「本当はIT企業の社長さんじゃないの?」と冷やかしたりしましたが好きなことに躊躇無くのめり込める精神の方もうらやましいです。
DSC04739_convert_20131102165435.jpg
エントリーのみなさんお疲れ様でした。今度防寒対策も話し合いましょう(笑)最後の川場もカットしましたので今回は走りに見るべきところはありませんでしたが漢を見れました。お後がよろしいようで('ω')ノ

車検に出してしまったので走行距離不明。確か入間から400kmちょっとだったような気がする。

名道・草津白根ツー

ツーレポの更新を怠ること数か月。最近はツーに行ってもメンバーはツーレポの話題を出さなくなった。
しめしめ( *´艸`)思い出は心の中にあるんだ!と自分に言い訳しPCに背を向ける毎日を送っていました。しかし参戦できなかったメンバーの思いを考えると簡単な記事でも残さねばと改心し時間をかけても更新していこうと反省をした次第です、ホントか!?(-▵-)
観光嫌い&走り重視のSS軍団化している最近のLGらしく日本の名道、草津白根火山ルートから裏榛名とお約束コースとなりました。名道とタイトルつけるとなぜかみんな「おおっ!」となったりする。扱い易いぞみんなニヤニヤ('∀')>>
DSC04258_convert_20130906194354.jpg
今回はクロ・raja・か2・かず・タカシ・かんた・アッキー・カブ・山・ゲスト・サポの11人です。アケさんとgajyeさんも参戦予定でしたが・・・AM7:30に上里SA集合です。早めに到着するも相変わらず真面目な(バイクに関してね)メンバーは集合済み。か2さんもドタ参確定でワイワイしてます(笑)今回参戦のゲストさんも合流しましたがこれがまた玄人好みのライダーさんなんですね〰。早いったらありゃしない。ただ参戦表明からのHNと書き込みからみなさんおのおの勝手なイメージがあったようでヘルメットを脱ぐとなんと銀髪!? わ、若いのか齢がいってるのか。トガってるのかヲタなのかも第一印象からは読み取れずみなさん反応に迷いがあります(笑)しかし芯の通った好青年でした。若干の遅刻者も到着し遅れているアケさんから先発要請を受けガスチャージで出発しましょう。と、動き出した時アケさんから着信アリ。「上里に着いたよ〰ん」え?横川に向かっているんじゃ・・・
DSC04262_convert_20130906194227.jpg
遠くに目視確認後、走り寄る2人。200m程度の距離を時間がかかりながら全力で走りやっと熱い抱擁!その直後ショッキングなお言葉が。「バイク壊れちゃたあ」。バッテリートラブルでgajyeさんと2けつでここまで来たそうです。いやー、大丈夫、もうそういうこと慣れてますから(笑)ほんじゃ出発しまーす。
DSC04269_convert_20130906194420.jpg
藤岡jctから上信越道に移り最初の休憩ポイント横川SAへ。あっ・・・という間に横川SAに津着。えっ?20分?幹事がコース選定の際に距離設定を間違えて大幅な行程ロス、休憩時間オーバー!やばいんじゃない?という思いはあっても誰も不満を口にせず。なぜか。そうです、釜飯が食べられるからです。みなさんまだ8時だというのに釜飯を食し空腹と満足感を満たしております。奥の二人にいたってははデザートにまでいってます。ツー開始早々でクラブの中にまったりモード全開です。でも横川の釜飯は昔の峠越えに欠かせない食事でしたが初めて食べた30年前から伝統の味は変わらない(気がする)
DSC04274_convert_20130906194446.jpg
碓氷軽井沢ICで降りて碓氷バイパスを北上、途中給油して鬼押しハイウェイを走ります。当初の予定では快晴の浅間山をバックにHPの表紙を飾る写真を撮ろうと思っていたのにどんより雲に隠れて見えません(;;)コーナーも無いのでメンバーも隊列を乱すことなく迷子も出すことなく万座ハイウェイへ。ところがぎっちょん、一転してここぞとばかりにみなさん万座ハイウェイを楽しんでおりました(^^)
DSC04279_convert_20130906194513.jpg
しかし驚かされるのはゲストさん。バンディットV250の早いこと早いこと(@@)高速はの〰んびり走ってたのに排気量の差が無くなるタイトコーナーに入ると鬼走り!すぐ後ろからヒタヒタヒタ・・・じゃなくビキュイーンとVシステムを唸らせてかっ飛んでいきます。バイクはバンクしているのではなくほとんど倒れていましたね。笑ったのは、じゃなくて勉強になったのはハンドルに挟まれたふとんバサミ。何に使うのと聞くとグリップに挟みレバーにひっかけてお手製クルーズコントロールだそうです。いやー奥が深い。
DSC04285_convert_20130906194535.jpg
志賀草津道路を経由して榛名湖へ向かう途中に湯釜へ寄ろうかとなったが全員に伝わりきらず数名が湯釜の駐車場を通り過ぎて行ってしまいました。まあ湯釜も初めてではないので軽〰くパスして草津へ向かいますがここからは市内まで片側交互交通の工事が多く何より霧がでてきて視界も悪くじっと我慢の下り道となりました。その分温泉の蒸気が吹き出す山岳地帯を楽しめましたので良しとします。ここでお待ちかね・・じゃないよ、アクシデント発生!か2さんのリクエストに応えて定番のちちや(なぜか必ず奥様に買って帰る)によると一番楽しみにしていた本人がいない。そんなに車間距離は開いていなかったはずだし信号もない一本道だから迷うはずもない。キャブの不調が再発かと心配していたらメールが着信。万座へ行くと頭にあったので292号の分岐を草津ではなく万座方面に行ってしまったそうです。・・・大丈夫、もうそういうの慣れてますから(--
DSC04286_convert_20130906194555.jpg
お待ちかねのお食事処に到着。この辺は美味しいそばの店が多いのだけどコースからかなり離れたところになってしまい行列必至。丁度通り道に良いお店を発見し開店間もなくだったので全員がすんなり着席できました。ところがブーツを脱いで座布団に座ったところ誰かが「やべ、雨だ」。案内して座ったばかりの団体が一斉に外に飛び出したもんだからお店の人もポカ〰ンとしていました。やっぱりタカシさんは除霊しきれていなかったか(笑)草津もそうですが最近はソースカツ丼を提供するお店が増え地域おこしの手段として確率されたようです。確かにソースは作り置きができて卵を省略すれば時間と費用のコストを減らせるからね。甘じょっぱいのも万人の好みだし。でもこのお店は蕎麦が売り。メンバーも楽しみにしています。がっ、「はい、お待ちどうさま!カレーうどんセットです」やっぱか2さんやりやがった( ;∀;)
DSC04291_convert_20130906194619.jpg
雨は合羽を着る人と着ない人が半々くらいの降り方ですが路面はばっちりウェットです。榛名湖はカットかなと考えながらロマンチック街道を走ると雨がやみ降水エリアを抜けたようです。予定通り裏榛名から湖を目指します。タカシ・かんた・ゲスト・・・とたんにすっ飛んで行きました。アッキー・クロ・rajaも続きます。「新緑がきれいだなぁ」と心にゆとりがあるメンバーはマイペースで楽しみました。湖に着くとまず一服(-。-)y-゜゜゜続々メンバーが到着するもそのたびに話が盛り上がりまたまた一服(-。-)y-(-。-)y-゜゜゜出ようとすると誰かが煙草に火をつけるのでいつまでたっても出発できません。
DSC04294_convert_20130906194643.jpg
湖畔を走ったことが無いメンバーが多いので急遽湖畔走開催です。けっこうぐるぐる回って本線にでると三半規管が馬鹿になってました。左にいくところ右折し戻ってしまいました。春名神社の看板が見えてあれれ?台数が多いから方向転換も右往左往(; ・`д・´)やっと駐車場に到着。するとゲストさん、走り足りないいのか一般道を選択。ここでお別れとなりました('ω')ノこのあと渋川伊香保ICから関越に乗って上里までフリー走行。上里SAでは早く帰らなくっちゃという割にはお決まりのダベリング。そうこうしてると草津で置いてきた雨雲が追い付いてきたので解散です。もうみなさん400kmくらいは楽勝みたいですね。

う〰ん、確か、、、入間から380kmくらいだったかな(*´▽`*)
プロフィール

sapo2010

Author:sapo2010
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。